世界がそして日本が今、大きな時代の変革期を迎えるなか、長野県政において新たなる幕が上がり、時代は今、県民とともにニューステージへと進みつつあります。
世界が多様な文化と歴史観のもとにそれぞれが独自性を発揮し、国家として輝き続けることが模索されている今、我が国、我が県にあっても独自の理念のもとに、新たな政治の展開がなされる時に来ています。
さらに成熟した市民社会と真の市民政治の実現を目指し、新しい時代を推進する県議会の役割と責務はこれから益々重く、そして議会人の新たなる歴史創造が今ほど求められ、期待されているときはありません。
今までの古い慣習的な考えにとらわれず、常に新しいものを取り入れ、自己を磨き、改革していくことこそが世の中を変えていく原動力であると私は考えます。
これからの長野県が世界的大局観に立ち、新たな地方の時代のさきがけとして、その役割を果たしていくために、常に自己研鑚のもと、県民の声に耳を研ぎ澄まし、時代が求めるニーズをとらえ、県民が求める最先端の政策提案およびその実現に努めていきます。
新たなるステージにはそれにふさわしい新しい感性が必要です。柔軟な発想と時代にあった感性をもち、またその感性を磨き続け、何事にも恐れずにチャレンジし続けていきます。そして今までの議会政治の既成概念を見直し、長野県と長野県民の無限の可能性を追い求め、新たな県民のための夢と未来を実現するために、その使命を果していきます。